従業員が労災給付をうけられない傷病により欠勤している場合には、以下の手続きを行います。

届出書類 添付書類等 提出先
健康保険 健康保険
傷病手当金支給申請書
賃金台帳
出勤簿等
健康保険組合
または
協会けんぽ

健康保険 傷病手当金

被保険者が傷病により働くことができなくなり報酬を受けないとき、以下の要件に該当した場合は、傷病手当金として1日につき、標準報酬日額(標準報酬月額の30分の1に相当する額の3分の2に相当する金額が支給されます。

支給要件
  1. 療養のためであること
    業務上の傷病による療養の場合は傷病手当金は支給されません。
  2. 労務に服することができないこと
    労務不能であるか否かの判断は、従前就いていた業務に従事することができない場合をいいます。
  3. 継続した3日間の待期を満たしたこと。
    待期は労務不能の日が3日継続して完成します。
    通算3日ではありません。

image4-1

image4-2

支給期間

傷病手当金の支給期間は、同一の疾病又は負傷及びこれにより発した疾病に関しては、その支給を始めた日から起算して1年6月を超えないものとする。とされており、現実に支給を開始した日がその起算日となります。

image4-31

資格喪失後の給付

以下の一定の要件を満たした場合には、健康保険の資格を喪失した後も傷病手当金を受給することができます。

  1. 1年以上被保険者であった者であること。
  2. 健康保険の被保険者資格を喪失した際に傷病手当金の支給を受けている者であること。

◎資格喪失後の継続給付が可能な例

ア)在職中に待期が完成し、退職日に傷病手当金が支給される場合

image4-5

イ)在職中は労務不能であるものの、報酬を受けているために傷病手当金が支給停止されている場合

image4-6